2018年度年賀寄附金助成事業スタート

2018年5月30日に、2018年度年賀寄附金助成事業「「障がい者スポーツの一般普及に視点をおいた日本の障がい者スポーツ情報整備事業」の第1回目の委員会が、東京都内でスタートいたしました。
この事業は、障がい者の方々が身近にスポーツが楽しめるようにと、全国の障がい者スポーツに関する情報を提供する内容の事業です。来年3月までには、その情報提供がホームページ等でできる予定です。
当日は、委員の河合純一氏(独立行政法人日本スポーツ振興センター、日本パラリンピアンズ協会会長)、同じく萱場明子氏(東京都オリンピック・パラ準備局 パラリンピック部長)から、障がい者スポーツに関する事例報告をおこなっていただきました。次回は7月の予定です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です